教室ブログ

石膏デッサンを始めました

投稿日時:2009/11/21(土) 17:27

 どうにか石膏デッサンに入りました。
 鉛筆デッサンと,木炭のデッサンに分かれます。デッサンをきちんとやっておかないと,油絵も上達しにくいようです。
 モノを良く見るためには,デッサンがとてもいい訓練になるとのことでした。

 デッサンは難しくて,残念ながら,誰もまだ十分なレベルに達していません。今まで教室でデッサンをする回数が少なかったですから,今後は,デッサンをきちんとやって行きたいと思います。

 まだ誰も完成していません。途中の作品です。

 鉛筆デッサンのモチーフは相貫体です。

 鉛筆で形をつけて行きます。


 木炭デッサンのモチーフは,相貫体にリンゴが加わります。石膏とリンゴの関係を表現するのが難しそうです。

 木炭デッサンの途中です。

 まだ,形が上手に取れていません。
 モチーフになった相貫体は,上下左右がすべて同じ長さに貫入された形ですので,デッサンをしても,左右も上下も交差するところから同じ長さにならなくてはいけません。
 しかし,明らかに形がおかしいので,描かれたデッサンの上下左右のそれぞれの長さを測ってみると,相当のづれがあります。
 このデッサンに限りません。すべての作品がずれています。

 感覚で描いていくと,相当実態と違ってしまうようですね。一息入れて,来週,もう一度,形をきっちりとることから始めます。

 デッサンは,ごまかしが利かないところが大事なのかもしれないですね。
 油絵以上に疲れます。
 まだ先は長いということでしょう。


トラックバック一覧

<< 2020年9月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ