教室ブログ

2月28日の教室から:鉛筆でスケッチ

投稿日時:2016/02/29(月) 08:15


 別の社教館をお借りしての自主活動でした。

 これはよくある果物を描いたものです。

    

 りんごとレモンはこうした鉛筆のスケッチによく使われるモチーフですね。
 よく見られる身近な果物でありながら、かたちが他の果物と違っていて、
 鉛筆で描くと曲線や影のつき方がきれいですから、
 今後も何度となく描くことになりそうです。

    

 これは、あんがい大きな紙に描かれています。
 ビンを画面に入れるために、パンが小さくなってしまった感じが見えます。
 どうしたらよいのか、先生にお聞きしてみないと…。

    

 これもかなり大きめな紙に描かれています。
 油絵の一部をもとに、模写のような形で描いたものです。

 原画は、シンガー サージェント『エドワード・D・ボイトの娘たち』(1882年)です。
 たしかヴァレリーの『ドガ・ダンスデッサン』に、デッサンはデッサンから学べ
 …といったような意味の文章があった気もします。

 サージェントはデッサン力のある画家ですから、デッサンの教材にもなるかもしれません。
 油絵を鉛筆で描くのは苦労します。
 これはもう一度、チャレンジしないと。かなり印象が違ってしまっています。
 似てる似てないの前に、明暗のつけ方がかなり原画と違うことに気がつきます。
 油絵を鉛筆で描くのは、なかなか難しそうですね。

 次回は、目崎一登先生のご指導の予定です。

 自主活動で描いたスケッチ等、先生に後で見ていただくつもりでいます。
 花粉症の方が苦しそうにしていました。
 何だか花粉が多かったようです。
 どうぞ皆さまお大事に。

 

トラックバック一覧

<< 2021年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ