教室ブログ

12月25日の教室から:ミカン・カボチャなど

投稿日時:2016/12/26(月) 00:13


 今年最後の教室でした。

 ミカン・カボチャを中心に描きました。

    

 一部は新しいものになっていますが、ミカンやカボチャがほとんど現役のままです。

 継続作品を描きたしました。
 SMのキャンバスに描いたものです。

    

 なかなかいい感じになってきました。柿がミカンに生まれ変わった気分です。
 来年になって乾いたら、もう一度直すところがないか、確認します。

 同じくミカン。冬のためか、モチーフがよくもちます。葉っぱも元気です。

    

 SMのキャンバスに描いたものです。

    

 前とあまり変わらないように見えますが、葉もミカンもテーブルも塗りなおしています。
 まだ影やテープルが決まっていませんので、年越しになってしまいます。
 下にひいた黄色い紙がきれいです。これを上手に描くのは難しいのでしょう。

 別のモチーフもまだ元気です。
 久しぶりにカボチャのモチーフの続きになります。
 カラス色のカボチャがだんだん緑がかってきています。
 白いカボチャはやや白さが強まった感じもしないではありません。

    

 4号のキャンバスに描いています。
 バックとテーブルの境界線を下げました。
 バックもテープルも新たに塗りなおしました。
 なかなかぴたっと行かないものです。

    

 こちらのカボチャも元気です。

    

 SMのキャンバスに新たに描き出しました。

    

 何となくいい感じで着地しました。
 もう少し色をぬらたしたいところです。来年までカボチャが持つことを祈りましょう。

 こちらはミカンとカボチャの組み合わせです。

    

 F3号のキャンバスに描き出しました。
 シンプルにモチーフを並べたのですが、 思ったよりも難しくて難航しています。

 F3のキャンバスは他の号数に比べると四角形(正方形)に近い縦横の比率です。
 いつものように、形をとっていきます。

    

 色をのせたていくと、このモチーフの難しさを感じることになりました。
 今回はどうしたらよいのかわからないままの状態で時間切れです。

    

 また次回に見直ししましょう。
 おそらく下に敷いた紙の感じがうまく出せるようになったらよいのでしょう。
 ミカンとカボチャが生き生きとした感じになるように、もうしばらく苦しみそうです。

 もう一つ、以前からのモチーフが元気に生きています。

    

 モチーフのカボチャがきれいです。
 これをSMのキャンバスで描いています。

    

 何度も色を塗りなおしながら、どうも着地点が見出せないようです。
 まだ未完成のまま年越しとなりました。

 右のカボチャを少しだけ塗り足しました。
 生き生きした感じになったかどうか。
 だんだんテーブルの色が問題なのだと焦点が定まってきたようです。

 今年の教室は本日で終わりです。
 目崎一登先生のご指導で活発な活動が継続できました。

 今年に入って、会員のレベルアップがかなり達成できたように思います。
 3時間の活動がかなり集中して行えました。

 何度となく修正をしながら、だんだん思いのものに近づいていく感じがありました。
 目崎先生はほんのちょっとだけ指摘するだけですが、
 一番のポイントの指摘ですから、会員もどうしたらよいかと考えることになります。
 先生もすべてに正解を持っているわけではないですから、
 描いたものを見ながら、コメントしてくださいます。

 ご負担の多い丁寧なご指導を、お二人の先生方がお続けくださったことに
 会員も感謝しています。

 今年も渋谷油絵教室では、楽しく絵を描くことができました。
 ありがとうございました。

 来年いっそう飛躍する教室にできたらと願っています。
 どうぞ皆様お元気で、よい年をお迎えくださいませ。

 

トラックバック一覧

<< 2021年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ