ブログ 2010/6

rss
次へ>>

紫陽花の季節ですね。[教室ブログ]

投稿日時:2010/06/26(土) 20:23


 25日は,山崎先生のご指導で紫陽花の絵を描きました。水彩画です。

 紫陽花の季節ですね。とてもきれいです。


   

 
   


 作品をご覧いただくのがいいかもしれません。
 紫陽花の感じを出すのは,とても難しくて,何となく印象が違ってしまいます。

 軽やかな感じで,濃淡が合って,写真よりも本物はもっときれいですね。
 その感じをどうやったら表現できるのでしょう。

 まだまだですけれども,みな一生懸命描きました。


   


   


   


   

静物を描く。[教室ブログ]

投稿日時:2010/06/21(月) 03:31


 6月11日と18日の油絵教室の紹介です。
 2日とも,目崎先生のご指導でした。

 お休みが今月中なくなりました。追い立てられるような状況が続いています。困ったものです。
 会社勤めの方々が,徐々にお休み勝ちになってくるのも,仕方ないのかもしれません。

 見学希望の方も増えてきていますので,また新しい仲間が入ってくることで,教室の雰囲気も変わってくると思います。

 先日,聞かれたことですが,初心者の方がいきなりそんなに上手に描けるものでしょうかとのこと。
 じつは,先生の手が入っている絵もあります。
 あるいは,ここはこういう風にという言葉での補助もあります。

 最初は,どう描いていいのかわからないですね。
 初心者の場合,口で説明するのではなくて,こうやって描いたら…というふうに,目の前で直してくださるのです。
 ほんのちょっと手が入るだけで,見違えるような感じになることがあります。

 その感覚を味わうこともとても勉強になるように思います。

 じつは,初心者ばかりではありません。
 この教室も,もう3年目になりますが,最古参と言ってもタカが知れています。
 やはりまだまだなのです。ときどき先生の手が入ります。そうすると見違えるようになります。

 袋小路にはまって,苦しんで意味もなくあれこれしだしたら,まずは口頭でのアドバイスがあって,それでもどうも突き抜けない感じ,克服できない感じがあるときは,先生が手を入れてくださいます。
 こうした指導があるから,初心者でも見られる絵になっています。

 ただそれ以外の要素もありそうです。写真で小さくなったものを見ると,きれいに見えるのですね。

 さて,11日と18日の教室です。

 油絵では,カゴとビンのシンプルな組み合わせを描きました。
 シンプルなだけに,とても難しくて,いい勉強になります。


   

 まずは11日の作品です。

   

 まだ形をとっただけで,何となくつまらない感じで終わった様子です。
 それで18日に直したのが次の作品です。

   

 少しはよくなったのでしょうか。まだ未完成のままです。
 二十歳まぢかの青年の作品です。

 つづいて水彩作品をご覧ください。18日の作品です。

   

  

  

 水彩の作品は,70歳と中学2年生の作品です。
 二つとも新鮮な絵です。

 皆が楽しみながら,上達していけたらと思っています。


菖蒲[教室ブログ]

投稿日時:2010/06/10(木) 09:39


 6月4日の教室は山崎先生のご指導でした。
 
 菖蒲の絵を水彩で描きました。

 菖蒲の花がとてもきれいです。
 花瓶に入りきれないたくさんの花を見ているだけでも満足していました。

 しかし,これを絵にするのは,難しいですね。
 形と色をどう軽やかに,表現したらいいのか,思うように行かないものです。

  


 今回は,いろいろな準備が不発に終わり,開始が遅れてしまいました。

 柔らかな花弁をどう表現したらいいのか,目の前の花に圧倒されてしまって,作品の完成度はいまひとつだったかもしれません。
 作品の写真をご覧ください。


  

  

  

  

  
次へ>>

<< 2010年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

2010年6月