ブログ 2016/3

次へ>>

3月27日の教室から:籠・瓶・ブリキとくだもの[教室ブログ]

投稿日時:2016/03/28(月) 13:08


 目崎一登先生のご指導でした。

 継続と新規との2系統です。

​    s_160327%20DSC_0564.JPG

 今回、これで完成です。かんきつ類の色がそれぞれ違って、とてもきれいです。
 前回までのものは、以下です。

    s_160313%20DSC_0529.JPG

 新しく描き始めたもの。
    s_160327%20DSC_0558.JPG

    s_160327%20DSC_0565.JPG

 これは継続になります。いい感じで進んでいます。
 いかが途中の様子です。

    s_160327%20DSC_0563.JPG

 形を取りながら、少しずつ調整していきます。

 こちらも新規のものです。
    s_160327%20DSC_0559.JPG

 はじめに形を取ります。
    s_160327%20DSC_0561.JPG

 色を少し載せていきます。
    s_160327%20DSC_0562.JPG

 色調を決めていきます。
    s_160327%20DSC_0566.JPG
    
 こちらも継続になります。

 だんだん暖かくなって来ました。桜が開花し始めています。
 次回から4月です。学校では新学期が始まります。
 私たちも新たな気持ちで取り組んでいけたらと思います。

 次回も目崎一登先生のご指導の予定です。

 どうぞ、皆さまお元気で。

 

3月20日の教室から:自主活動[教室ブログ]

投稿日時:2016/03/21(月) 00:12


 今回は連休でお休みの会員が多かったため、自主活動になりました。

 ちょっとお遊びです。
 ジョン・シンガー・サージェントの「エドワード・D・ボイトの娘たち」の一部を切り取って
 模写風に描いてみました。

    s_160320%20DSC_0533.JPG
    s_160320%20DSC_0534.JPG
    s_160320%20DSC_0536.JPG
    s_160320%20DSC_0538.JPG

 ちょっと感じが違います。顔が小さくなりすぎました。
 影がまだはっきりついていません。
 しかし、何といっても表情が違います。
 こればかりはまったく違うので、がっかりします。
 並べると、どうしようもない感じです…
 あんまりはっきりわからないように、小さく載せましょう。

    s_160320%20DSC_0539.JPG

 美しい画像は、<ジョン・シンガー・サージェント><エドワード・D・ボイトの娘たち>
 この複合検索で画像が見つかるはずです。

 サージェントには、モネとのエピソードが残っています。
 モネに黒い絵の具を借りようとしたら、モネが黒を持っていなくて、
 それでは絵など描けない…と言ったとのこと。

 以下は、静物のデッサン。

    s_160320%20DSC_0540.JPG

    s_160320%20DSC_0544.JPG

 ガラスと陶器の対比が美しいです。
 これを鉛筆で描くのは、簡単ではなくて、透明感と実在する感じを
 どう表現したらよいのか問題です。

 目崎先生がお持ちくださった、このモチーフはとてもきれいです。

    s_160320%20DSC_0541.JPG

    s_160320%20DSC_0542.JPG

 こちらも目崎先生がご用意くださったモチーフです。
 形をとるのが難しいモチーフですが、きれいです。
 何度か描く価値のある組み合わせだと思います。

 今回、参加して絵を描くはずだった人も、花粉症とアトピーで、
 絵が描けず、見学のみという状態でした。

 花粉症の方にとっては、大変なようですね。
 最悪期は脱したとのことでしたが、それでも大変そうでした。

 どうぞ、皆様ご自愛くださいませ。

 次回は、目崎一登先生のご指導の予定です。
 また油絵になります。



 

3月13日の教室から:容器と果物…陶器・ブリキ、りんご・オレンジ・アボガドなど[教室ブログ]

投稿日時:2016/03/13(日) 22:13


 目崎一登先生のご指導でした。

 引き続き、容器と果物を組み合わせたモチーフを
 油絵で、F6のキャンバスに描いています。

 完成と言うのが、なかなか難しいなあ…という感じをもちます。
 今回、陶器やブリキが主役のようで、果物も主役の感じがあって、
 そのバランスも難しく感じました。

 何となくおかしい気がしながら、どう直したらよいのか、わからないままでした。
 まずは、作品をご覧ください。

    s_160313%20DSC_0528.JPG

 今回完成の作品です。さりげない影がうまくつきました。
 陶器に穏やかな光の当たっている感じが出ています。
 果物もきれいに描けました。いい感じです。
 先生から、完成でよいでしょう…と言われて、今回で完成にしました。


    s_160313%20DSC_0529.JPG

 こちらは未完成です。まだ影も塗っていません。
 りんごの形を修正して、バックの色を塗り重ねるうちに、
 前のきれいなバックの色がわからなくなってしまったようです。
 それを再現して(先生からはもう少し白かった…との指摘)
 形を整えたところです。
 だんだんいい感じになって来ました。
 あと一回丁寧に仕上げていくことになりました。


    s_160313%20DSC_0531.JPG

 こちらも未完成です。画面いっぱいに果物が描かれています。
 まだ油絵を始めたばかりです。
 オイルパステルで練習をしていたため、
 先生からちょっとしたチェックを受けただけで、いい感じに描けています。
 ゆっくり対象を見て、もう一回丁寧に描き足すことになりました。
 

    s_160313%20DSC_0530.JPG

 こちらは完成にしました。
 着地になったのは、意外にも、バックの色を足したためでした。
 陶器の後ろのバックが単調だったために、
 テーブルも落ち着かない感じがしていました。
 先生から、濃い色でアクセントをちょっとつけるようにアドバイスがあり、
 取っ手の上の辺りに少し濃い色を入れ、りんごの上も少し色を足しました。
 これでやっと落ち着いたので、完成になりました。


    s_160313%20DSC_0532.JPG
 
 こちらはサムホールに描いています。
 りんごを一つだけ、うすぬりで仕上げています。
 ちょっとした練習をかねてのことでした。
 皆さん、りんごの肩のところで苦労しています。
 簡単にりんごらしくならないので、困ります。

 先生から説明しすぎないようにとの注意があります。
 さりげなく、りんごらしさが描けるようになるには
 まだしばらく時間がかかるのかもしれません。

 次回は連休で会員のお休みが多いので、自主活動にします。

 27日に、また新たなスタートを切る人と、
 新しい果物で今回のモチーフを再現して、続けて描く組に分かれます。

 花粉症の方には辛い季節のようです。
 体調を崩す人もいらっしゃるようですね。どうぞ、ご自愛くださいませ。



 
次へ>>

<< 2016年3月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ