ブログ 2009/4

rss

手塚國彦展[教室ブログ]

投稿日時:2009/04/22(水) 08:53

 日本人は印象派の絵が好きなのに,どうして,日本の画家は印象派のような絵を描いてこなかったのでしょう。ちょっと不思議な感じもします。

 以前,高階秀爾氏と馬渕明子氏の参加した討論会があって,そのとき質問してみました。お二人の答えは同じでした。日本人がいきなり印象派のような絵を描くのは無理だったでしょうとのこと。基本になる技法を身につけてないと,とても描けないということでした。
 高階先生は,印象派の画家に直接教わった日本人画家がいないと指摘され,馬渕先生もモネもルノワールも偽物が極めて少ない,偽物はバレてしまうということでした。日本人に限らず,相当のレベルにないと描けないようです。

 かつて,山﨑先生に,このお話をどう思いますかとお聞きしたことがあります。それは無理だよ,絵の具の性質や使い方がわかってきたのも戦後ずいぶんたってからだからね,とおっしゃって,基本となるレベルが相当高くないと,印象派風にも描けないとお話くださいました。

 もしかしたら,いまの日本で,一番印象派に近いところにいる画家は,手塚國彦という人かもしれません。大胆なようで繊細,鮮やかな色彩が圧倒的です。

 キャンバスの中で,翳っている空間が静かにたたずみながら,一方で光に照らされた領域は,自然な輝きをみせています。光の部分が浮き出してはいけないのです。そうでなくて,陰をたずさえながら,その領域にたしかに光が当たっているのを感じさせることです。光の領域が,浮き上がったような,切り取られたような感じを与えることなく,影とともに,そこになくてはいけないのです。
 キャンバス上の色が質量を持って,そこに空間を定着させています。

 ここまでの到達は,最近のことのように感じられます。
 手塚先生も,いままで思い違いをしていたことに,徐々に気づいてきたと語っていました。

 4月20日から26日(日) まで,10時から19時(最終日は17時まで),東京駅の八重洲地下街にある「ギャラリー八重洲」で手塚國彦展が開かれています。

 海外の風景も,日本の風景も,花も果物も,みな美しい色で実在感ある絵になっています。もはや偶然の成功ではありません。
 たとえば,ベネチア(VENEZIA)の翳りゆく中で輝いている風景です。光と陰がお互いを引き立たせています。陰のなかの緑に,穏やかな光があたっているところが,ひっそりとして美しく,静かな実在感を与えているのです。
 そして,「紫果」の清新さ。イチジクの美しい色が宝石のようでもあります。

 繊細で奔放で,軽やかで重々しくて,独特の世界が普遍性を獲得していくことでしょう。

 お出かけの際には,サインをご覧ください。「Teduka」でなくて「Tézoukak」です。世界に飛び立つ準備はもうできています。

フォルム[教室ブログ]

投稿日時:2009/04/13(月) 11:16

 桜がきれいで,先週,ときどき,歩きながら見とれていました。渋谷地方は,もう散り始めています。早いですね。

 教室では牡丹の絵を描きました。山﨑先生のご母堂の丹精をこめたお花がぱっと咲いたところ,それを提供してくださったのですね。大輪のみずみずしい花の美しさに,圧倒されました。
 この美しさをどう表現したらいいのでしょう。皆さん苦労していましたが,今回は,残念ながら,実物を前に,自分の絵のことなど何も語るべきでないという気持ちになって,沈黙するのみ,という感じでしたね。
 この花をご覧になったら,わかっていただけるのではないでしょうか。



 この美しさをどう表現したらいいのか,思いも及ばなくなって,何度もため息をつくのですね。そして,自分の絵がへんなのには気づいているのです。

 たまたま本を読んでいたら,フォルムのことが書かれた文章に出会いました。吉田秀和が書いているのですが,セザンヌでもピカソ,マチスでも,その絵画が作られつつあったとき,芸術でない,でたらめだと非難された。「だが,抽象派,立体派,名は何であれ,この人たちの芸術は,フォルムがないどころか,むしろ,フォルムにこそ,非常な重点が置かれていたのである。」(『時の流れのなかで』中公文庫・347ページ)

 そうだ,どう描くべきなのか,先人の達成した成果に学ばないといけないなあ,フォルムを身につけないと,どうにもならないのだなあ,そんなことを考えていたら,どうも最近,自分は心に栄養を与えていなかったのではないかという気持ちになってきました。

 大急ぎで,美術館情報を調べて,ブリヂストン美術館の≪名画と出会う-印象派から抽象絵画まで≫に行ってきました。

 最初はコローの絵がありました。美しい緑です。チューブから出した緑でなくて,深い色,そして,光を受けて鮮やかに浮かび上がっているところが何ともきれいです。それからシスレーの絵もありました。遠くの緑と,近くの木々の緑がちゃんと塗り分けられているのですね。モネもありました。潔いというべきか,スピード感のある筆遣いで,一気に線を描いています。そこにつけた色の適切さを見ると,何色を塗るべきか,ほとんどわかっていて,パレット上で色ができているような気がしました。マネの絵は,無造作のように描かれているところがありながら,ポイントが押さえられています。自画像のバックの色の塗り方など,徐々に変転している色調の不思議で効果的なこと。セザンヌもありました。サン・ヴィクトワール山ですね。山も木々も空も皆同じ要素からできていると言いたげに,わずかな色調とタッチの変化だけで,境界線が暗示されるだけで,ちゃんと山と木と空が描き分けられています。そして,ルドンのデッサン力のすばらしさ。まだまだたくさんいい絵がありました。

 2年前のことですが,野見山暁治さんのお話を聞いたことがあります。パリに行って,1年目は絵を描かずに,絵を見ることばかりしていたとのこと。そうしたら,日本から持っていった絵の具の色では感覚にあわなくなって,すべて買いなおしたという話でした。

 どうやってこういう絵が描かれたのか,そんな気持ちをどこかに持ちながら,好みの絵に出会いたいものですね。少し心に余裕を持って,展覧会に出かけましょうか。

 いい絵というのは,ため息が出るほど,すごいものですね。無造作のように,一気に描かれた線と色に,そして色の変化に圧倒されました。この道は遠く遠くはてしない道なのでしょうか。悩みのあとには楽しみが来るのでしょうか。
 さまざまのこと思い出しながら,帰り道,残り少なくなった桜を惜しんでいました。


ネコ水仙の話 [教室ブログ]

投稿日時:2009/04/08(水) 11:52

 渋谷油絵教室では,山崎・目崎両先生の指導方針のもと,なるべく一人ひとりの絵をいじらないように,その人の感性が素直に伸びるように,細やかに配慮された指導が受けられます。

 皆さん,好みが違いますから,モチーフを決めて,設置するところから,各人の自由に任されます。
 したがって,モチーフは一人一つずつが原則です。
 一人ひとりの画風というか,感覚がみな違いますから。

 それにしても,よくもまあ,これだけ感覚の違う人が集まったものだと感心します。ただ,本来は,これが普通なのじゃないかなあという気もします。
 精神が伸びやかになると,その人らしさがどんどん表に出てくるようですね。そうなると,もう同じ系統の絵が出来上がることなど,ありえないことです。

 今年の1月から入会された方は,毎回,何ともいえない素直な感じの,素朴派のような,素敵な絵をお描きになります。
 ご性格も穏やかで,人格の立派な感じが,にじみ出ているような気がしていたのですが,あとでお聞きすると,社長さんだそうです。性格は絵に表れるようですから,この会社の社員さんは,優しい社長さんのもとで働けて幸せなのかなあ,と思ったりします。

 この方の最高傑作が,今回ご紹介する,ネコ水仙の絵です。
 ネコ柳ではありません。ご覧ください。



 モチーフは,ふつうの水仙ですね。
 葉が何だか生き物のように,くにょくにょ伸びています。黄色の花が笑っているように,顔を見合わせているように,ほのぼのした感じが出ています。白い花が,邪魔にならずに,うしろに静かにしがみついているようです。
 色調もタッチもやさしくて,穏やかな,いい絵だと思います。
 バックのグレーが花たちの邪魔をしないで,やさしい仕上がりになりました。

 ところが,斜め横から見ているうちに,発見をしました。
 うしろの白い花は,たしかに花に違いないようですが,ネコがしがみついているように見えてきました。いったん,そう見え出すと,そのイメージがこびりついてしまって,なんとなくネコがいるように感じてきます。
 描いたご本人に申し上げると,だんだんそう見えてきたとおっしゃってました。冗談のようですが,偶然によって,ちょっとだまし絵的な寓意も入った,素敵な絵になっています。

 どうしたら,こういう風に描けるのかな,と思いますが,やはり人それぞれの感性の賜物なのでしょう。真似しようにも,同じようには描けそうにないですね。

 何もいじらないと,こうした伸びやかな感覚が,表に出てくるようです。

<< 2009年4月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

2009年4月

<<前月翌月>>
2009/04/22(水) 08:53
手塚國彦展
2009/04/13(月) 11:16
フォルム
2009/04/08(水) 11:52
ネコ水仙の話