ブログ 2010/12

rss
次へ>>

磯村敏之画伯アトリエ訪問。[教室ブログ]

投稿日時:2010/12/31(金) 16:05


 磯村敏之先生のアトリエに訪問してきました。

 渋谷油絵教室でご指導くださっている山崎弘先生も磯村先生と一緒にスケッチに行き,
 いろいろな場面でご指導を受けてらした,特別な存在です。

 額の絵を入れ替えてきました。600枚ありますから,ときどき違う絵に変えたくなります。

   

 たくさんあります。


   

 さてどれにしようかなという感じでいくつか並べてみました。
 すべて大きさは10号Fです。

 下段中央のオリーブの樹の絵を新たに額に入れてみました。

 奥様から,勉強になるでしょうからと左上の黄色の東京タワーの絵をお借りすることになりました。
 教室で間近に見られるように,仮縁の状態になっています。

 磯村先生が絵画指導に情熱を燃やしていたのが奥様にも引き継がれています。

 
   

 やはりすばらしい作品です。

 美術館で見るのとはまた別で,キャンバスを持って見る,ちょっとその辺に置いて見る。
 そして額に入れて見る。

 ため息をつくような絵の数々です。

 贅沢なときをすごして,満ち足りた気分で帰宅してきました。

 いい一年の締めくくりとなりました。

 今年もどうにか渋谷油絵教室は活動を続けてこれました。
 ご指導の山崎先生目崎先生を始め会員の方々,さらに会を支援してくださる各分野の専門家の先生方,
 そしてまた私達のHPをご覧くださる方々,こころより感謝しております。

 ありがとうございました。

 どうぞ,皆様よい年をお迎えくださいませ。
 来年もよろしくお願い申し上げます。

12月23日の教室から。[教室ブログ]

投稿日時:2010/12/31(金) 13:45


 今年最後の教室が12月23日にありました。

 風邪やインフルエンザのためお休みの方がいらっしゃいました。
 皆様,どうぞ体調にご留意くださいませ。

 目崎先生のご指導でした。
 モチーフは花です。


    


    

 花を中央にそろえた構成になっています。


    


 バラは,油絵が描かれていく過程をごらんください。

 まず形をとっていきます。

    

 次に色を全体につけていきます。
    
     


    

 しかし,バラがかすんで見えますので,花の周りのバックをしっかりした色にしていきます。
 さらに花に影をつけていきます。これは黒を混ぜずに,緑色をわずかに黄色に混ぜて影の色にします。
 バックと影をつけることで,花びらの輪郭がわかるようになってきます。

 残念ながら,時間切れで完成には至りませんでしたが,同じ花はないですので,ひとまずこれで筆をおきます。
 実力がついたら,描き加えることが出来るようですが,モチーフなしに修正すると絵が壊れてしまうそうです。


 同じモチーフを水彩でも描いています。
 水彩で描くとまた違った感じですね。

    

 教室は23日で終わりました。

 その後,27日に磯村敏之先生のアトリエを訪れました。
 私達の渋谷油絵教室が出来たのも磯村先生のご指導を受けた者達の熱い気持ちがありました。

 今年最後のご挨拶にお伺いいたしました。

12月17日の教室から[教室ブログ]

投稿日時:2010/12/19(日) 21:26


 今回も山崎先生のご指導です。

 今回は,烏瓜の絵の完成までをご覧ください。

    


 まずは,水彩から。

    

 これは丁寧に描かれたものです。バックにべたっとくっついた感じがなく,立体的に見えます。
 葉の色がうまく仕上がりました。瓜も鮮やかです。


 次は,油絵です。

    

 前回からの続きです。葉の色を塗りたして,やや乾燥した感じに色を塗っています。瓜が鮮やかになりました。
 バックが影とあいまって,葉と瓜に調和する色になるよう試行錯誤しました。ひとまずの完成です。

 今度は,完成までの過程をご覧ください。

    

 まず葉の色を塗りなおしていきました。瓜も立体的になってきました。

    

 今度は,バックの色をつけていきます。
 影がいい効果を出すように,思い切って塗っています。

    

 バックをさらに直して,蔓を描きます。瓜も塗りなおしました。
 これで完成となりました。

 難しかったのですが,非常に好評なモチーフでした。
次へ>>

<< 2010年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ